知って得する個人情報の守り方

SSLとは一体何!?聞いたことはあるけれどよく分からない。個人情報を守るもの? - SSL証明書の違いって何?

更新情報

アーカイブ

http://www.ssl-store.jp/ SSLストア 【RapidSSL 1,050円 Verisign 29,400円 GeoTrust 5,250円】 https://www.toritonssl.com/?gclid=CJ6Gsuv2ycMCFQMDvAodpj0A6g SSLサーバ証明書 | 信頼の国産CAなら格安のアルファSSL(公式サイト)

SSL証明書の違いって何?

商品やサービスには種類があります。
それぞれ内容に差があったり、価格に差があったりと誰でも自分に合った物が選べるように用意されています。
当然、価格が高くなればサービスもよくなり価格が安ければサービスもそれなりの物しか提供されません。

インターネットで個人情報をやりとりするときに欠かせない「SSL」という技術があります。
これは個人情報を暗号化して誰にも見られないようにすることと、仮に盗まれたとしても絶対に読まれないようにする技術です。
有益な技術を提供してくれていることから、価格は結構高めに設定されています。
しかしこの価格の違いとは何なのでしょうか。
SSLには大きく分けて3つの種類があります。
「クイックSSL」「企業認証SSL」「EV SSL」という3つです。
これらはそれぞれ値段も異なりますし、技術も異なります。
yjtjutdydt-300x235
クイックSSLは「ドメイン認証」までで終わりです。
一番最初の「この人は安全です」ぐらいの認証で終えてしまうのです。
しかし初めて導入する場合にはもっとも始めやすく、価格も一番安く設定されています。
次の企業認証SSLとEVSSLは実在認証まで含んでいます。
相手が本当に大丈夫なのか、まがい物の業者ではないかと言うことまでチェックしてくれるのです。
こちらになると、価格も上がりセキュリティ対策としても万全になります。
価格は認証の数によって上がっていくと言うことがおわかりいただけたかと思います。
クレジットカードの利用法として「お店で使う方法」と「インターネット通販」で使う方法の二つがあります。
この二つどちらにも「悪用」の恐れがあると言われています。
考えてみますとクレジットカードには長い桁数が書かれており、簡単には悪用されないように思います。
しかし今では様々な技術を使ってクレジットカード情報を悪用しようとしている輩がいるのです。
zhrtys
まずお店で使う場合「店員が記憶してしまう」ということが考えられます。
実は実際に起きていることで、非常に記憶力のよい店員が客から預かったクレジットカード番号を一瞬にして覚えてしまい後々悪用していたというのです。
といってもそれほど記憶力のよい人は世の中にそうそういませんし、それほど頭のいい人は店員などしていません。
お店で使う場合にあり得るのは個人情報がどこかで漏れ出してしまうことです。
これはインターネット通販で使う方法でも同じです。

お店やインターネットに寄せられたクレジットカードの情報はクレジットカード会社へインターネット経由で即座に送られ決済されます。
このときには格安のSSLが使われることが多いのですが、インターネット通販の場合使っていないというサイトもあります。
クレジットカードは悪用されると、限度額いっぱいまで使われてしまい請求が大変なことになります。
あらかじめSSLを使ったサイトかを確認し、もしも悪用された疑いがあったら必ずクレジットカード会社に連絡し指示を仰ぎましょう。